不倫の相談は弁護士が良いです。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談しましょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合、近所に住む奥さんやユウジンを相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。

ということは、尾行を探偵に頼むなら、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大切でしょう。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、どちらにもメリットがあります。

離婚も辞さないつもりで、その場合の慰謝料は少しで持たくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。

信頼できる人に供に行ってもらうなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

心から信頼する人が供に行く都合が付かない場合には、探偵等に頼むことをおすすめします。

探偵に依頼したしごとが浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を供に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪い事ではありません。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

SNSを通じて浮気の証跡を明るみになることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特徴がありますのでついうっかりパートナーが、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が多発しているように思われます。

時には、浮気を証明してしまうような内容を書き込んでいる可能性もあるのです。

アカウントを認識しているのならチェックしてみて下さい。

浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内にはおわります。

とはいっても、これはあくまで平均の期間です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。

逆に、怪しい日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数などいろんな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要となります。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

頻繁に掛かってきたり繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。

それがわかったら電話番号の主を突き止めるだけでいいのです。

沿うは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたアトに電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。

コドモがいるご夫婦の場合は特に浮気をした、されたといって離婚とは、沿う簡単にすることができないものです。
福岡 信頼できる興信所
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、訳をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合もしごとを両立させることは簡単では無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です